医療法人愛育会 愛育病院

愛育病院の選べる出産スタイル

愛育病院の選べる出産スタイル

愛育病院の選べる出産スタイル

どのような出産スタイルがあるか、その特徴を知って、「自分らしい出産」に最も適した「出産スタイル」を選ぶことが大切です。

当院では、これまでにご出産された妊婦さんのお声やデータを元に、出産スタイルフローチャートを制作しています。簡単な質問に「YES」「NO」でお答えいただければ、おすすめの出産スタイルを見ることができますので、是非チェックをしてみてください。

自分らしい出産スタイルを考える

出産スタイルについて

自然分娩

自然の陣痛を待ち、極力医療介入なしに、ほぼ自力によって行われる出産スタイルです。分娩時の痛みに対する不安が少ない方に適しています。

計画分娩

出産日をあらかじめ設定し、その日に陣痛促進剤などの医療介入を行う出産スタイルです。ご家庭の事情でスケジュールを最優先したい方や、立合い出産を必ず実現したいと思われている方に適しています。

計画分娩の利点と注意点
  • 利点:

    胎児の心拍パターンを分娩終了まで継続的にモニターすることによって、安全にお産をすることができます。また、人手の多い時間帯にお産していただくことで、異常や合併症に対して迅速に対応することができます。

  • 注意点:

    分娩前処置や陣痛促進剤を必要とする場合は、わずかにリスクがあります。したがって、「いかに自然に近いお産を行うか?」が重要であり、無理な分娩誘発は絶対に行ってはいけません。陣痛促進剤は、自然なお産でも脳から出てくる物質ですが、厳重な管理下で用いる必要があります。分娩が長引く場合は2日がかりになることもあります。

  • 分娩日の決め方:

    妊娠36週以降、妊娠経過、内診所見と胎児の状態を総合的に判断して、分娩日を決定します。過去の分娩状況やご家族の希望もあわせて、実際にお産する日を決定して予約します。

オンデマンド無痛分娩

自然に陣痛が起こるのを待って、分娩が始まってから硬膜外麻酔を行う出産スタイルです。
当初は痛みの緩和(無痛分娩)を希望していなくても、陣痛や出産の進行により耐え難い痛みで出産が困難になった場合に、無痛分娩へフレキシブルに切り替えることができます。

計画無痛分娩

出産日をあらかじめ設定し、分娩時の痛みを硬膜外麻酔によって緩和する出産スタイルです。計画分娩の特徴に加え、出産の痛みも抑えるため、リラックスして出産に臨めます。

帝王切開術

下半身だけの局所麻酔または全身麻酔を行い、手術でおなかと子宮を切開して赤ちゃんを直接取り出す出産です。
妊娠の経過を観察する段階で経腟分娩が適さないと判断された場合に選択される「予定帝王切開」と、経腟分娩中に母体や赤ちゃんに危険が及ぶと判断された緊急時に選択される「緊急帝王切開」があります。
予定帝王切開は、分娩予定日より少し前の日に設定し、陣痛を待たずに手術で出産するため、、分娩そのものの痛みはほとんどありませんが、お腹に10㎝あまりの傷が残ります。
詳しくは以下を参考にしてください。

帝王切開は増加しています

2005年の統計では、わが国の妊婦さんの6人に1人(17%)が帝王切開によって出産しており、過去20年間で約2倍に増えています。当院でも同様の傾向です。
理由として、赤ちゃんの安全を重視するようになったことや、高齢初産や不妊治療後の妊娠などのハイリスク症例が増加していることがあげられます。

病院の実績「帝王切開実績」
予定帝王切開術と緊急帝王切開術
  • 予定帝王切開術

    あらかじめ計画的に行う帝王切開です。逆子(骨盤位)・双胎(ふたご)・前置胎盤・児頭骨盤不均衡・前回帝王切開などが該当します。

  • 緊急帝王切開術

    通常のお産を予定していたが、経腟分娩が進行中に、母体か赤ちゃんに何らかの問題が起きたため、急いで赤ちゃんを産む必要がある場合に行われます。胎児機能不全・胎盤早期剥離・妊娠高血圧症候群・分娩進行障害などが該当します。

麻酔法について

ほとんどの帝王切開術は、脊椎麻酔または硬膜外麻酔(またはその両方)のもとで行います。いずれも下半身に効く麻酔なので、手術中でも意識があり、赤ちゃんと対面して産声を聞くことができます。なお、無事出産したのちに、お母さんには鎮静剤で眠っていただくことがあります。ごくまれに、全身麻酔のもとで緊急帝王切開術が行われます。いずれの麻酔法でも、赤ちゃんに影響がでることはありませんのでご安心ください。手術後は、硬膜外麻酔で痛みのコントロールをします。

お腹の切開方法は?

少しでも傷が目立たないように、恥骨の上を横に切る形(横切開)を基本として行います。切開距離は10~15cmですが、お腹の大きさが妊娠前に戻るとともに、傷口は小さくなります。緊急帝王切開で赤ちゃんを早くとり出す必要がある場合や、子宮筋腫などのために手術の視野がせまくなる場合には、おへその下から恥骨に向かって縦に切開します(縦切開)。以前に帝王切開などで下腹部を切開している場合は、前の傷跡を切り取るように切開します。

愛育病院にご相談ください

月〜土曜日:8時30分~17時
休診日:日曜日・祝日

外来診察は予約制です。インターネット(携帯電話・パソコン)にて予約をお取りください。
初診の方(診察券をお持ちでない方)は、ネット予約をご利用いただけません。

電話から電話から
初診の方(診察券をお持ちでない方)は、このネット予約をご利用いただけません。おそれ入りますが、診療時間内に下記番号にお電話でご連絡ください。

tel.046-274-0077(代)

パソコンからパソコン
から
パソコンからのご予約の方は、下記「予約はこちら」から予約画面にログインして診療予約してください。 予約はこちら
携帯電話から携帯電話
から

予約ページ https://a.atlink.jp/aiiku/ にアクセスしてご利用ください。ご自分の携帯電話に上記のアドレスを送信する場合は、[宛先:]にご自分の携帯電話メールアドレスを入力しご利用ください。またはこちらのQRコードをご利用ください。

予約ページQR